まだまだ女の社会進出って難しいのかな

4年くらい前の話なんですけどね、そこそこ有名な健康食品関係の会社に勤務してました。

新卒入社して、総合職でいろんなお仕事をさせてもらっててパートさんも何人かつくくらいの部署で楽しく仕事をしていたんです。仕事は大変だし、残業もあるけど縁あって結婚することができてからも業務に問題なく勤務させてもらってました。

そこから社内の部署編成を改変することになったということで、仕事内容が一気に様変わり!なんとかこなしているうちに体調不良・・・。でも休めないからって無理をしてたら倒れちゃって^^;

搬送先で「おめでたですよ」って言われてびっくり!
帰宅して夫婦でささやかなお祝いをしましたw(倒れたのは帰宅してからだったのと、週末だったのもあり会社に迷惑はかけずに済みました)

でもここからが最大のピンチ!!会社は女性も多く、産休育休をとっている方も結構いました。
私も同じようにできると思っていたのですが、部の上司に呼び出されて愕然。

「君、この忙しい時期に妊娠だって?正社員でやっていけるわけ無いだろう」
実は私、持病があって妊娠期間中に2度ほど入院することになってました。

ただ、時期は調整がきくし、パートさんに任せられる範囲の仕事だったので大丈夫だろうと思っていたんです・・・。
「病気があるんだから・・・・わかるでしょ?パートになるか辞めるか決めなさい」

もうね、頭の中真っ白。就業時間まで仕事できてたみたいだけど(直の上司談)、記憶にありません。

まぁ、結局は労務関係の部長(女性・産休育休経験アリ)に掛け合って部の上司を占めてもらったという形だったんですけどね。
でも、出産育休の途中でまたやらかされてしまったので、辞めてしまいました^^会社もあの上司を辞めさせられないのはわかってたし。

まだまだ女性の社会進出って難しいんだなぁって実感しました。
いくら国が女性も仕事しましょう!って言ってても会社組織の上にいるのが女は家に入るという考えが主流だった昭和のおじさんたちですからね(´Д`;)

子供がある程度大きくなったらまた働きたいなぁ。

今は専業主婦として働いていますけど、専業主婦でやっていって旦那の給料だけでやっていくのってかなり厳しいことなんだなということがわかりました。

とりあえず、お金が足りない時などは専業主婦カードローンを利用しています。とりあえず貯金というものには手を出したくないですから、カードローンを使ってでもやりくりしていた方が自分の中で安心できますからね。